フェンネル

フェンネルについて知りたいこと

フェンネル header image 2

主要成分について

2014年05月21日 · コメント(0) · 未分類

フェンネルは香辛料としても知られるセリ科の植物です。この精油は、異国情緒漂う甘くスパイシーな香りで、胃腸への働きや女性の様々な症状を和らげる効果が期待できます。
フェンネルは漢方ではウイキョウと呼ばれ、安中散という健胃剤の生薬の一つとして使用されてきました。インドでは、辛くて刺激のあるカレーを食べた後に、胃腸をなだめるためにこの種子を口に含むといいます。
アロマテラピーでも、こういった消化器官の働きを良くする効果や、その食欲をコントロールする働きから、過度な食欲の抑制や食欲不振を改善する効果を期待しています。
胃腸の働きの改善や女性特有の症状を緩和するフェンネルにはアネトール、リモネンなどの成分が含まれています。中でも重要なのがアネトールです。その分子構造が、女性ホルモンのエストロゲンに似ていることから、女性ホルモンのバランスが乱れたことによって生じる諸症状、特に月経前症候群や更年期障害の緩和への効果が期待できます。
また、フェンネルに含まれるフェンコンには胆汁の分泌を促す働きがあるので、消化を良くしたり、鎮痛、鎮静作用も期待できます。加えて、フェンネルには体液の循環を促す作用があると考えられているため、脚のむくみやセルライト対策にも使用されることがあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。